山ガール

 ちゅ~うがなびら~~~!

 

GWは如何お過ごしですか~?

 

私は、一昨日は体験会チラシ配りに、昨日は掃除や洗濯・布団干し、事務仕事、そして『Myulovers』の練習があったので、GWは今日からです。

いつもは、プールへ体力作りに行くところですが、天気予報は今日までが晴れ☀。

このお天気を逃すのは、もったいないですーーー!

と言うことで、お出掛けしました。

 

タイトル通り、『山ガール』に変身。

音楽を仕事にし、一見おとなしめに生活しています(!?)が、体力には自信アリです。

そして、沖縄に移住する前までの趣味は、水泳、そして登山。

なんせ、山好きな両親に、3~4歳から山へ連れて行かれていました。

毎年、夏休みはキャンプ&登山。

海へ出掛ける友人が羨ましく、「海へ行きたいーーー!!」を弟妹と連呼していた記憶があります。

そして大人になり、自由に海へ行けれるようになりましたが、何故か私の趣味は『登山』。

結局そんなもんです。

緑の木々、美味しい空気、可愛らしい花々、珍しい生き物、山頂に着いた時の爽快感、頑張って登った自分の成長、自然の中のちっぽけな自分・・・。

そんな色々な気持ちが「また登りたいなぁ。」と思わせるのでした。

そして先日、生徒さんから「嘉津宇岳に登ってきて気持ち良かった~!」と聞き、早速行ってみることにしました。

嘉津宇岳は、名護市勝山にあります。

この地域は、沖縄ミカンを代表する「シークヮーサー」の里として知られ、嘉津宇岳(カツウダケ・452メートル)、安和岳(アワダケ・432メートル)、古巣岳(フルスダケ・391メートル)、の3岳に囲まれています。

2時間ほどで自然散策できる初心者コース(嘉津宇岳)から、3~8時間かけ歩く中級者、上級者向けのコース(安和岳、古巣岳)があるそうですが、久しぶりに登るので今回は嘉津宇岳のみにしました。

上の写真の登山口までは、名護市役所から車で15分ほど。

スタートは緩やかな階段ですが、沖縄の山はひたすら登り・・・という感じです。

またこの時期、気候的には半袖で十分な沖縄ですが、長袖・長ズボンが良いと思います。

道は狭く両側の草木が手足に当たり切り傷になりそうで、また虫に刺される可能性もあります。

実際、小さな毛虫がリュックに引っ付いていました!(~_~;)

 

道は徐々に石が多くなり、その石の形が徐々に大きくなり「岩がごろごろしてきたなぁ~」「周りの木が減って明るくなったなぁ~」、と思ったら、もう山頂です。

時間にして、40分ほど。

あっという間ですね!!

山ガールには物足りない距離ですが、とにかく山頂です。

バンザーーーイ!!!\(^O^)/

それにしても、360度見渡せて気持ちいいーーー(((≧∇≦)))!!

南側は名護市・名護湾が全て見渡せ、恩納村もずっと先まで見えています。

薄曇りで霞んでいたのが残念ですが、快晴だったら読谷村も見えると思います。

東側は、大宜味村・屋我地島・古宇利島・古宇利大橋・ワルミ大橋も確認できました。

そして、西側は安和地区の採石場・本部町へ続く国道449号線。

北側は、本部町の八重岳(ヤエダケ・453メートル)が目の前に、さらにその山間の奥の方に伊江島も見えていましたよ!!

山頂には、すでに先客の家族連れがくつろいでいました。

小学校前の4~5歳の女の子も!

また、可愛らしいお花が咲いていました。

百合は山頂で撮影したものではありませんが、この季節、ホントにあちこちに咲いていますよね!

 

登って汗をかきましたが、山頂での心地よい涼しい風と、素晴らしい眺望とで、ゆったりした気持ちになれます!(#^.^#)

そして30分ほどのんびりし下山、下りは30分。

その間も、家族連れが2組、男性お一人、女性お二人組、と次々登っていらっしゃいましたよ。

 

自宅から近いし、往復1時間ちょいなら毎日の運動に良いかも!?

近隣の皆さま、是非どうぞ!!