ビーチガール

 はいた~い!

 

またまた、一昨日の続きです。

瀬底島『UKA UKA』にて、ゆったりランチを楽しんだあとは、場所を変えてのんびりティータイム。

午後になると雲がとれ快晴になってきたので、こうなると海の青を楽しみたくなります。

そこで、美ら海水族館横のエメラルドビーチへ。

ちょうど引潮の時間帯で、真っ白な砂浜が広がっています。

それにしても、真夏のピーク時に比べれば少ないですが、結構な人出です!!

4月に泳げるなんて、内地では考えられないですからね~!

この陽気だと、観光客の方々は泳ぎたくなりますよね!

 

ところでビーチガールは、水着を持参していなかったので、ベンチガールに転身。

日陰のベンチでアセロラジュースでビタミンCを補給しつつ、ボ~~~ッとするひと時。

・・・・・・・

ふと、隣のベンチ下を見ると、妙な砂跡が・・・。↓

タイヤの跡!?いやいや、ベンチ下にしか跡がないしクネクネしているから蛇かな~?

まさかねぇ(~_~;)・・・。

ウミガメ!?産卵時期は5月~7月なので、もしかしたら!?

でも、親亀にしては足跡が小さいような・・・。

雨水が滴り落ちた跡かとも思ったのですが、こんなにクネクネしませんよねぇ。

何の跡なんでしょうか?(?_?)

 

さてさて、今帰仁村周りで帰路に向かいつつ、もう少し寄り道を・・・。

「行ったところのない所へ行ってみよう!Day」なので、今帰仁城はパス。

車で走ると次から次へと、小さな案内看板が目につきます。

〇〇の碑・〇〇の墓、などなど、まだまだ知らない沖縄がたくさんありそうですが、夕方になりつつあるので、細部までは周れないなぁ、と思っていたところに『乙羽岳森林公園』の看板が。

おぉ~『おっぱ牛乳・おっぱアイス』で有名なところじゃないですか!

行ってみましょーーー!

デジタル放送の電波塔の下に展望台があり、もちろん登りましたよ~。

嘉津宇岳からの眺望も素晴らしかったのですが、ここは古宇利島がより近く見え、羽地内海、今帰仁村の町並みが、より細部まで見ることができます。

今帰仁村役場の案内には、

『標高約275mの乙羽岳(おとはだけ)に広がる森林公園。キャンプ場、バンガロー、シャワー室、炊事場等が完備され、どなたでもご利用できます。展望台からは、今帰仁村(なきじんむら)の町並みと豊かな自然、青く輝く海が大パノラマで見渡せます。』

と、記載されています。

ほんと、大パノラマですねーーー!!!(^O^)

またまた、ボーーーッと景色を眺め続ける私でした。

 

滑り台やブランコなどもあり、子ども達も楽しめますよ!

GW後半「どこに出掛けようかなぁ」と思っているみなさん、『本部半島巡り』いかがですか!!

 

終わり。