さざなみ新人さんからの質問

  はいた~い!

 

台風4号は風が強かったものの、沖縄本島には影響なく過ぎていきました。

レッスンがあったので、中止や延期することなく、ホッと一安心ですが、宮古や八重山地方のみなさんは大丈夫でしたか???

 

 

さて、今日は沖縄市『さざなみ』新人さんから。

今日が2回目のレッスンですが、生徒さんからの質問がありました。

 

質問

家で、『ちょうちょう』の曲を練習していたら、家族が「『ぶんぶんぶん』??何を吹いてるの??」って言うんですよ!』

何の曲を吹いているのか分かってもらえるには、どうしたら良いですか?

 

という内容でした。

 

習い始めの頃は、どうしても指を押さえることに意識が集中しがちです。

もちろん、音を間違えないように指に集中することも必要ですが、まずは曲を歌って覚えることです。

「レードーシーー、ラシドラソーー・・・」

暗譜する必要はありませんが、『音符の長さを正確に』歌いましょう。

音符の長さを変えてしまったら、違う曲になってしまいますよね。

そして、速くなったり遅くなったりしないように、しっかりとテンポを刻むことを意識しましょう!

音だけを目で追わずに、音符の長さも考えながら吹きましょう!

 

でも!!

そうは言っても、実際には、意識は指に集中してしまいますよね~~~。

 

なので、まずは歌(メロディー)を覚えましょう。

(繰り返しになりますが、音の長さは正確に。テンポは遅くなったり早くなったりしないよう、意識して覚えましょう!)

そんな、今日のみなさんの練習風景。↑

 

料理も同じだと思います。

最初は料理本とにらめっこしながら・・・ですよね。

それでも今では、繰り返し作るうちにレシピを覚え、料理を作る流れが頭に入っていますよね。

まずは音楽の流れ全体を覚える事がポイントだと思います。

そして、繰り返し練習・・・ですね!

 

 

ではでは。