名古屋のご案内~食べ物Ⅱ

 

 はいた~い!


1週間ほど前に『名古屋名物』をご紹介しましたが、第2弾です!(*゚▽゚*)


最初のご紹介は「モーニング」。 モーニングサービスは、名古屋が発祥で、その歴史は1950年頃から。  商談などで朝から集まったお客さんの為に、お店がピーナツやゆで卵を付けたのがモーニングサービスの始まりらしいです。 


●シャポーブラン

毎朝大勢の人でにぎわう人気のモーニングサービスはパンのバイキング。 ドリンクを注文すると、約20種のパンとサンドイッチ、ゆで卵などが食べ放題になるシステム。 ドリンクの値段は400~500円ほどだそうで、その値段だけで食べ放題もプラスになるなんてスゴイですよね\(◎o◎)/!

 

 

●コメダ珈琲店

名古屋の喫茶店と言えばコメダ。 超有名店で何店舗もあります。 コメダのモーニングは、ドリンクを注文するとトーストとゆで玉子が付いてきます。 またコメダ名物のシロノワールは、温かいクロワッサンの上に冷たいソフトクリームという組み合わせ。 熱っ!冷たっ!っと、これがクセに!  他にもコーヒーの上に生クリームがのっているウインナーコーヒーや、長靴の形をした容器に入ったクリームソーダ、そしてこれまた名古屋では当たり前の小倉トーストもあります。


-----------------------------------------------------------------------------



続いて

●ご当地ポテトチップス

名古屋のご当地グルメの手羽先唐揚げ味ががポテトチップスに登場。 私も食べた事がありませんが、「こしょうがピリリ!」という事は、ビールに合いそう!?



----------------------------------------------------------------



最後はお土産

JR東海『Shupo』サイトからの引用ですが、下記お土産が人気だそうですよ。 お土産は色々と目移りしてしまうもの。 沢山あって悩みますよね。 参考にしてみて下さい。

国産の厳選した鶏を、真昆布だしを使って長時間じっくり炊き上げた手羽先は、骨からホロリとお肉が離れるやわらかさ。しょうゆベースのタレが中までしみ込んで、旨味たっぷりジューシーな味わいがたまりません。濃い目の味付けなので、酒の肴や夕食のおかずにぴったり。老若男女に幅広く喜ばれそうな一品です。
 製造元:(株)石昆


小麦粉に含まれるうまみ成分 グルテンを全体にいきわたらせた半生麺。沸騰したたっぷりのお湯で茹で、冷水できゅっと引き締めた風味豊かな“ ざるきしめん”は爽やかな夏を演出してくれそう。付属のつゆに、別途きざみネギや大葉、わさびなどを加えれば本格的な名古屋の味を家庭でも楽しめるのが人気だそう。
製造元:宮商事(株)


名古屋名物・ひつまぶしの食べ方の1つ、「お茶漬け」が簡単に家庭で食べられるという人気急上昇中の商品。うなぎの旨味を凝縮して1つ1つレトルト・パックしているので、忙しい朝やちょっと小腹が空いた時など、いつでも気軽に本格的な味を楽しめます。生タイプなのに賞味期限が約5ヵ月と長めなのも嬉しいポイントです。

製造元:(株)長登屋

いわずと知れた名古屋名物、老舗の青柳ういろうが一口サイズでパックされた人気商品。カラフルな箱詰めは、知人へのおみやげとしての風格も◎。味は、上がり(こしあん)、さくら、しろ(砂糖)、抹茶の4種類で、もっちりとした食感とほどよい甘さ、飽きのこない素朴な味わいが特徴です。夏はちょっと冷やして食べるのがオススメです。
製造元:(株)青柳総本家


ユニークなネーミングで目を引く「なごや嬢」は、クーベルチュールホワイトチョコをクッキーでサンドした焼菓子。しっかりした歯応えと香ばしさ、ホワイトチョコの上品で深みのある甘さがたまりません。1本ずつ包装されているので、おみやげとして配るのにも重宝します。ユニークなネーミングから話題も広がりそうです。

製造元:(株)桃の館

※「2010年7月現在 名古屋ステーション開発株式会社調べ」となっていますので、もっと新しい商品が出ているかと思います。 また値段も変更になっているかと思いますので、あくまでも参考に・・・という事でご了承下さい。



愛知県は、東西の食文化が融合している特徴的な文化で、数多くの美味しい食べ物が満載です!(*^◯^*) 僅かな滞在期間ですが食文化を堪能して下さいね!!