森林セラピー


 はいた~い!


今何かと話題のプレミアム商品券。全国の市町村で色々な名前が付いていますよね。ここのコンビニには「ぶながや商品券」の名前が。

そう、ぶながやはガジュマルの木に住む妖精?妖怪?で、沖縄全体的にはキジムナーとも言われています。ぶながやの呼び方は大宜味村周辺です。


その大宜味村を越え、さらに北部へ行くと国頭村ですが、昨日は国頭村森林公園に行って来ましたε=┌(;・∀・)┘!!

海側は青空が広がっていますが、山側は雲が覆っています。そんな中、森林セラピー体験ツアーに参加してきました(*゚▽゚*)

きっかけは、ちゅらBeeのNさんからのお誘いです。ある時は北谷町の貴公子、ある時はノルディックウォーキングのインストラクター、また、ある時は森林セラピーガイドさん・・・という顔を持つNさん。以前からガイドをしているというお話は聞いていて、自然が好きな私は行ってみたいと思いつつ延び延びになっていましたが、ようやく参加する事ができましたよ~。

通常は1グループ(5名くらいまで)に1人のガイドさんが付きます。今回は個人個人で来ている私を含めた4名に、UさんとNさんのお二人のガイドが付いて下さいました。「台風が来る時期に花が咲くんです」「この実は中が紫色で食べられるんですよ」「食虫植物で触っても大丈夫ですよ」と、色々な事を教えて下さり、本当に知識が豊富なガイドさんたち!


また、国頭村のサイトに

『森林セラピーガイド』は、「森林を訪れる利用者に対して、森林浴効果が上がるような散策や運動を現地で案内する者」です。

と掲載されている通り、出発の準備体操、途中途中での深呼吸、リラックス効果のあるお茶を提供・・・などなど、ゆったりと森を楽しむ事が出来ました。


やんばるの生き物にも出会えましたよ。シリケンイモリ、キノボリトカゲ。自然に溶け込んでいるので、さっさと歩いていたら気が付きません。

川のせせらぎ、蝉の声、鳥の鳴き声・・・やはり自然の中は癒されますね。


色々な形に見える実。小さいのは「笑顔のオジイ」に、動物に食べられ芯だけ残った松ぼっくりは「エビフライ」と言われているそうです。

「カラキハのあめ」の「カラキ」はシナモンだそうで、「その木はこれですよ」と教えて下さいました。葉っぱを噛むとΣ(゚д゚lll)・・・本当だ~!!シナモンの味がしますー!!お土産にそのカラキの葉とシークワーサーの実も頂きました♡葉は紅茶や緑茶に入れると良いそうです。

2時間ほどの体験ツアーでしたが、もっともっと長い時間に感じ、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

今回は国頭村まつりの一環で行われ、次回は9月に体験ツアーがあるそうですよ!詳細は以下です。


9月13日(土) 安波ダム・クイナまつり提携の森林セラピー体験ツアー

日付:9月13日(土) 集合 9:30
   セラピー体験ツアー 10:00~13:00(昼食含む)
場所:やんばる学びの森内セラピーロード
   住所:国頭村字安波1301-7
募集定員:15名
参加料金:2,500円(ガイド料、保険料、昼食費含む)

問合せ・申し込み:国頭村役場経済課(森林セラピー担当)
           TEL:0980-41-2122



定員に達し次第締め切りだそうで、申し込みは早目の方が良いかと思います。
また、森林セラピーについての詳細は、下記をご覧下さいね!

http://www.kunigami-forest-therapy.jp/



森林セラピーガイドの皆さん、お世話になりました。有難うございました!

ヾ(*´∀`*)ノ



コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ぬち(命)ぐすいの森ガイド u (月曜日, 24 8月 2015 07:48)

     雪香さん 22日 国頭「ぬちぐすいの森」でのひと時を喜んでくださってありがとうございます。お客様がお帰りになって、どんな気持ちでいるのかお話を伺う機会がないのでブログを拝見して今度は、私が癒されました。台風のもたらした雨で、木陰の散歩道の苔達がどんな顔を見せてくれるか楽しみです。四季折々表情が変わります。冬に咲く「ヘツカリンドウ」や「姫サザンカ」の花に会いに来てくださいね。

  • #2

    ぬちぐすいの森ガイドuさんへ (月曜日, 24 8月 2015 12:28)

    uさん、コメントも頂きありがとうございます!uさんは地元出身という事で、昔の知識も豊富なうえ、ゆったりとした語り口にも癒されました( ´ ▽ ` )ノ
    「台風後は森が疲れている」とおっしゃっていたのも印象に残っています。木々だけでなく苔も変化があるんですね。
    また機会を作って参加したいと思います!
    yukika