上達への近道 自分を知ろう

 はいたい!

リオオリンピックや高校野球がますます盛り上がってきましたね!

 

さてさてさて、今日は『上達への近道』をもう少し考えてみましょう。「練習あるのみ」かとも思いますが、長時間やれば良いというものでもありません。お子さんやお孫さんたちの夏休みの宿題と同じです。テレビを見ながらダラダラ1時間やるよりも、集中して30分で行なった方が効率良いですよね。やはりポイントがあります。

一人で自由に吹く場合は気ままに気持ちよく吹けばよいかもしれませんが、私たちは各チームでまとまって練習しています。そして演奏発表の場も皆さん一緒に参加です。そういう場合はリズムや音程が大切になってきます。そこで!お勧めしたいのはこちら!(^^)!↓

チューナー兼メトロノームの機械です。とっても小さいのに大活躍してくれます(^_^)v 使い方は簡単!機械音痴の方でも大丈夫。まずはこれでチューニングしてみて下さい。自分の音程のズレが目で見えます。使い方がわからない方は担当講師に聞いて下さいね。

「チューナーで音を合わせられるけれど、曲を吹いていると指を動かすことに夢中になってしまって音程を考えられない・・・」という場合は、ゆっくりとしたテンポで一音一音をまずチューナーで合わせてみるところからスタートです。そうすることによって、自分の癖、またはオカリナ自体の特徴がつかめてきます。

そう、タイトルにも書いた「自分を知ろう」ですね(^_-)-☆ 

 

この続きは次回「自分を知ろう vol.2」で・・・