身障者優先駐車スペース

 はいたい!

先日、うるま市福祉まつりで講演会を行なった喜納翼さんもお話ししてましたが、身障者優先駐車スペースについてお願いがあります。

ご自身で車を運転する喜納さんが経験されたのは、身障者優先駐車場の真横の斜線のひかれた空間に、駐車されてしまったことだそうです。これが助手席側ならまだしも運転席側だったそうで、車に乗り込むことが出来ず、その車の持ち主が戻ってくるのを1時間待ったそうです(><)

満車の駐車場、グルグルグルグル駐車場内を回っても空きが無い・・・ついついその斜線のスペースに停めたくなる気持ちも、よーくわかります。でも、そういう時は車いすの方の姿を想像してみてくださいね!

ということで、トクさんからも以下のお願いです。

 

 


 

はいさい!トクです。

病気後、車椅子生活になって以来、気掛かりになることがあり此処でお伝えします。

ここは、うるま市のウルミン。

ウルミンではさすかに見かけないのですが、身障者マークの書いてあるところに明らかに健康な方が平然と車を停めているのを目にします。
特にスーパーマーケットでその光景をよく見かけます。
その様な時は、足とお尻が痛いのに、遠回りせざるを得なくて辛いです。
話題は変わりますが、金武町では今、陸上競技場の観覧席を遠くまで見渡せる席を建設最中です。これで皆様が観やすい環境になるのでしょうね。金武町は人に優しい都市計画を考えているんですねぇ。流石、、、

またここでは以前よりも身障者スペースが広くなり、身障者に優しい街づくりもされていて助かります。

 

そんな事を考えながら、車椅子生活を送っているトクからのご報告でした。

皆さんからもコメント頂ければ有難いです。