気持ちを込めて演奏できますように

  はいたい!

6月の「オカリナの集い沖縄県大会」まで、3ヶ月を切りました。まだスムーズに指が動かない部分もありますが、どのチームもストップせずに1曲を通せるようになってきました♪( ´▽`)  「みんなで吹いているから誰かが吹いていればストップせずに最後まで吹けるでしょう!」と思われるかもしれませんが、不安な部分はそこだけゆっくりになり伴奏とズレ、お互いにズレてきてストップせざるを得ない状況になってしまったりするのです。
こちらは人数の多いさざなみⅡさん。

上下のパートに分かれても、お互いに引っ張られずしっかりと自分のパートを吹けるようになってきました。

ここから本番までは音程やリズムを詳細まで合わせていきます。さらに原曲の理解を深めるために、歌詞を見ながらユーチューブを見ました。

フィオーレさんも原曲を聴きました。知っている曲でも改めて聴くと「軽く弾むように歌っているなぁ」「力のある歌声だなぁ」など色々と感じます。しかも曲を聴いた直後にオカリナを吹くと皆さんの吹き方に変化が現れてきます!もちろん良い変化です(*^^*)  感じたことを意識して吹くことも大切ですね。

でも、その後数分練習を続けると再び運指や息継ぎなど別のところに意識がいってしまい、変化が戻ってしまいましたが(~_~;)・・・本番直前に原曲を聴くと良いかも!?しれないですね。
また色々と工夫していきましょう!